50代未経験でも副業ITエンジニアになれる?【現役エンジニアに聞いた】

いん子

こんにちは、”アラフィフ副業の研究員”もりのいん子です

こちらは、自らもバリバリ現役50代のいん子が五十肩に鞭打ってお届けする、50代の、50代による、50代のためのネット副業情報サイトです。

今回も、前回の記事『【50代未経験者向け】副業ITエンジニアを目指すならまずは主な職種を知ろう』に引き続き、アラフィフ世代憧れのIT周り職業の大特集!

前回の記事をまだご覧になっていないという方は、ITエンジニアの主な職種について未経験者向けにやさしくまとめてますので、よろしければそちらを先にご覧になってくださいね。

さてさてITエンジニアを目指したい・もしくはITエンジニアに興味を持っているアラフィフの皆さま!

ITエンジニアへの興味はあるし、そのための勉強もしてみたい。

本業の仕事の他にITエンジニアとして副業収入が得られるようになれれば、ITスキルも収入も両方得られて一挙了得かもv

「でもねえ・・・」と、実際には多くの方が興味は持ちつつも、ためらって二の足を踏んでいるのが現実ではないでしょうか?

ヤマネさん

そりゃ僕だって、プログラミングとか興味はあるし勉強して身につけられるんだったら身につけたいよ。
でもねえ・・・。

いん子

でも?

ヤマネさん

前にも言ったけどさ、僕らアラフィフ世代のしかも未経験者がだよ、学んだからって実際にモノになるもんなのかが心配なの。

でもって、学んだところで、そのスキルで実際に副業で稼げるようになるかってのも、やっぱり不安なところなんだよ。

いん子

じゃあ、その疑問を現役のエンジニアさんにガツンとぶつけてみましょうよ!

スポンサーリンク
目次

【現役エンジニアに聞いた】50代未経験でも副業ITエンジニアになれる?

そこで今回の記事では、気になる問題点「果たして50代未経験者がITエンジニアになれるのか、副業で稼げるものなのか」について、実際にITの仕事に就いている現役のエンジニアさんに質問してみました!

いん子

今回いん子の質問にお答え下さったエンジニア『コンドルさん』(仮名)は、コンピュータ技術者として長年様々な仕事をしておいでのベテランITエンジニアさんです。

SE/プログラマーとしての仕事も、プロジェクトを管理するプロジェクトマネージャーの仕事も含め幅広く経験してらっしゃるとのこと。

お忙しいなか質問にお答えくださったコンドルさんに篤くお礼申し上げます。

なお、いん子の出した質問は以下のとおりです。

  1. あなたはITエンジニアとしてどんなお仕事につかれていますか?
    • (例えばSEとかPGとか名称があればその名称と、お仕事の内容をできるだけわかりやすくご説明いただければと思います)
  2. その仕事では主に何を主体として使用していますか?
    • (C言語とかPHPなどなど?・・簡単にその説明もしていただければ嬉しいです)
  3. 50代初心者でもITエンジニアとして副業をすることは可能だと思いますか?もしくは可能な分野はありますか?
    • (条件付きで可能だと思うのであれば、その条件もお教えください。)
  4. そのために(50代初心者でITエンジニアになるために)必要なスキル、勉強があれば教えてください
  5. 今からITエンジニアを目指す50代初心者に向けて、現役エンジニアとして一言あればどうぞ
  6. (追加質問)(50代未経験者でも)コレなら多少の希望の芽はありそう、といった分野はないでしょうか?
    • 例えば、組み込みエンジニアは無理としても、限られた範囲内でのプログラミングとかだったら・・・
    • HTMLやCSS、Java、ワードプレスやWixを学んでWEB系の副業とか、phpやパイソン、ルビーなどのプログラミングとかはいかがでしょう?
いん子

今回質問に答えてくださったコンドルさんは、系列で言えば「組み込み(エンデベッド)エンジニア」のお仕事が長いエンジニアさんですv

組み込みエンジニアとは、主に機械製品を制御するために組み込まれるソフトウェアの開発を行う職種です。

コンドルさん

初めまして、コンドル(仮名)です。

1.あなたはITエンジニアとしてどんなお仕事につかれていますか?

いろいろやってきましたので、なかなかひと言では言えませんね。

(いん子注:自治体の人事給与システム開発や金融機関のデータベース検索システム開発、電車内システム開発などなど、さらには大手進学塾向けにポータブル英和辞書の開発まで請け負って開発してきた経歴をおもちだそうです。

いちエンジニアとしての仕事ももちろん経験がおありですが、全体としては開発チームのリーダーとして全開発メンバーの統括・お客さん窓口・技術営業をまとめて引き受けるって感じのお仕事の方が多かったみたいですね。)

いまは、消防署の指令センターの仕事をしています。

システムエンジニア兼プログラマーです。

相当な経験値がないと厳しい現場なので、おじさん技術者が多いですよ。

2.その仕事では主に何を主体として使用していますか?

その仕事は、開発はWindows、ターゲットは組込Linux、言語はC++とVisual Basic.NETです。

よくTVで見かけるような消防署の指令センターのまんまです。

119通報を受け付けて、救急車や消防車に指令を出して、デジタル無線で現場と連絡して、等々。

そういう装置群の内部ソフトの開発・変更をする仕事です。

3.50代初心者でもITエンジニアとして副業をすることは可能だと思いますか?もしくは可能な分野はありますか?

ソフト開発の初心者で、個人事業主として仕事をするのは率直に言って不可能だと思います。

IT初心者レベルで副業の仕事は出来ませんね。

ベテランだからこそ、経験や技術を活かして、副業を出来るのではないかと。

何より、(IT初心者・未経験者に)発注する側が開発業務を発注するでしょうか?

いん子

つまり50代未経験では副業は無理だと言うことですか・・・き、厳しいお言葉!

(未経験者ができる仕事と言えば)せいぜい、データ入力とか、エクセルでの表作成とか?

・・・あと何かあるかな?

市販の入門書を何冊呼んでも、肝心なことは書いていませんし。

4.そのために(50代初心者でITエンジニアになるために)必要なスキル、勉強があれば教えてください

何としてでもソフト開発の現場にもぐりこんで、実践することかと。

5.今からITエンジニアを目指す50代初心者に向けて、現役エンジニアとして一言あればどうぞ

何故、ITエンジニアになりたいのでしょうか?

そこからではないかと。

ううむ、『IT初心者レベルで副業の仕事はできない』

これは予想以上に厳しい内容のご回答となってしまいましたが、つまりコレが現実ということなのかも知れません。

もしあなたが「在宅ワークできるし、副業で収入アップも見込める」という主に収入面的な理由でITエンジニアを目指しているのだとしたら、それは現実的にはほぼムリだ、ということなのです。

コンドルさん

(自分からすれば)ITエンジニアを夢見る人がいるのが不思議ですね。
3Kやら、ソフト土方やら、ブラックやら、のイメージがあると思うのです。

いん子

ITエンジニアの世界は金額の大小にかかわらず、『契約とお金の世界』なのだとコンドルさんはおっしゃいます。

実際に現場で働いている方からすれば納期もありますし、夢見るだけではすまない厳しい環境なのでしょうね。

コンドルさん

いや、全般的に回答がなんかちょっと「ソフト開発、なめんじゃねえよ!」みたいな論調になっちゃってまして、申し訳ないです。

ポイントはそこじゃないですよね。

いん子

いえいえ、誠実にお答えくださって本当にありがたいです!

ああでも、そうおっしゃっていただけるんでしたら、もう一つ追加で質問をさせていただいてもよろしいですか?(揉み手)
( ̄∀ ̄)

6.(追加質問)(50代未経験者でも)コレなら多少の希望の芽はありそう、といった分野はないでしょうか?

Web系は敷居が低いので、HTMLやCSS、Java、ワードプレスやWixを学んでWEB系の副業とか、Phpやパイソン、ルビーなどのプログラミングとかはアリだと思います。

それとスマホアプリも、無料の開発環境が整っているのでハードルは低いですね。

それに、Webもスマホもこれからますます需要が増えると思いますので、まさに狙いどころかと。

ということで、狙うはWebアプリかスマホアプリにしましょう。

スクールか、独学か、は本人次第ですね。

Webなら、自分だけでコンテンツ含めてサイトを構築出来るようになれば、お仕事はありそうですね。

スマホアプリも同じで、1個作ってみれば、受注できる仕事のレベルがわかるでしょう。

何よりまずは、自分で勉強して1個こしらえてみて、そうすればネット求人広告を見て、自分に対応可能か判断できるのではないでしょうか。

そこがスタート地点ですね。

いん子

こちらの重ね重ねの素人丸出しな質問にも呆れず、丁寧にお答えくださったコンドルさん、本職からの貴重なご回答とご助言を本当にありがとうございました!

それでも50代未経験で副業ITエンジニアを目指したいなら必ず確認しておこう

現役ITエンジニアさんが仰ったとおり、50代未経験者が副業ITエンジニアを目指すのはかなーり困難な道のりのようです。

いん子

50代未経験で副業でITエンジニアをするのは現実にはほぼムリ、けれどWebアプリかスマホアプリの分野を選べば、まだ可能性はあるかもとのことでしたね。

ヤマネさん

自分で勉強してWebかスマホアプリを1コ作ってみれば?って、コンドルさんさらりと言ってのけてたけど、めちゃくちゃ難しそーじゃん!
( ̄▽ ̄;)

確かにいきなり「Webかスマホアプリを自作してみろ!」と言われても、未経験では一体どうしたら良いのかなかなかイメージしにくいですよね。

例えばまずプログラミングの勉強を始めたとして、勉強全体のボリュームはどれくらいなのか、果たして自分のレベルでついていけるものなのか?

疑問ばかり次々にわいてきそうです。

ヤマネさん

うーん、どんなもんだろ?

いん子

下に貼らせていただいたブログは、シニア向けプログラミングスクールのブログです。

プログラミングの学習について、とても丁寧に解説してくださっているので、自分なりの勉強の取り組み方について、より具体的なイメージを描く助けになると思いますよ。

同じブログからもう一つ。

こちらのブログでも触れておられたように、ITエンジニアを目指す勉強はかなりハードルが高く、本業の仕事の傍ら勉強し続けるためには相当の努力が必要なようです。

なのでいん子は、それでも50代未経験で副業ITエンジニアを目指したいのなら、途中で挫折しないためにも今一度以下の点を確認しておくことをお勧めします!

  • そもそもなぜITエンジニアになりたいと思ったか?
  • 今の生活の中でITエンジニアになるための勉強時間は取れるか?
  • 現在の自分のITスキルはどれくらい?ITが好き?

そもそもなぜITエンジニアになりたいと思ったか?

コンドルさんもおっしゃってましたが、まずは、なぜITエンジニアになりたいと思ったのか原点に立ち返って考えてみましょう。

特に学んだり格別の技術を取得せずとも始められる副業も他にはありますが、残念ながらITエンジニアの各職業はスキル習得には相当の努力と時間を要しますし、それで副業収入を得るのは困難です。

それでも皆さまそれぞれに、ITエンジニアのスキルを学びたい動機をお持ちかと思います。

例えば本業の仕事でWEBを扱う仕事をしているけれども、WEBのより深い知識を習得して本業でのスキルアップにつなげたい。

元々興味があったITエンジニアの職業、できるならば最先端を行くプログラミングのスキルを自分でも学んでみたい。

学んだ後に実現したいものがある、あるいはITエンジニアとして活躍したい夢があるなどなど・・自分なりのブレない目的があるのであれば、ITエンジニアに挑戦する意義は大いにあると言えるでしょう。

今の生活の中でITエンジニアになるための勉強時間は取れるか?

どの職種のITエンジニアを目指すにしても、まず最初は使用する言語のプログラミングの学習から始まるわけですが・・・。

一般に、初めてのプログラミング学習に必要な時間は、個人差もありますが少なくとも100時間以上と言われています。

例えば某スクールでは、プログラミングを学ぶ初心者向けのコースで、学習時間の目安を1週間に40〜50時間と設定し、最短4週間200時間で全工程を習得できるとしています。

あなたはこの勉強時間を、今の生活の中から捻出できますか?

現在の自分のITスキルはどれくらい?ITが好き?

プログラミングを含め、ITの世界は日進月歩で日々新しい技術が更新されていくため、IT関連の職業に携わる人は、常に新しい技術を学んで自らの知識をアップデートしていく努力が求められます。

もとからソフトのインストールやアップデートはこなすし、ファイルのコピーペーストや簡単なマクロなども活用している。

また、ITの新しい技術が好きで、日々知識を更新していくことを苦とはしない。

そんなあなたならば、勉強を苦とせずにITエンジニアを目指せるはず。

50代がITエンジニアになるためには、何よりも「好きだから」「興味があるから」と言う前向きのパワーが必須なのかもしれません。
 

(2022年5月23日追記)

いん子もプログラミングにチャレンジしてみました!

まとめ

 
今回は『【現役エンジニアに聞いた】50代未経験でも副業ITエンジニアになれる?』と題して、果たして50代未経験者がITエンジニアになれるのか、副業で稼げるものなのかと言う問題について取り上げ、現役エンジニアの方に質問してみました。

現役エンジニアさんのお言葉はいかがでしたか?

どんなビジネスマンにもITリテラシーが必要と言われる現在、ITエンジニアに憧れて自身も最先端のITスキルを身につけたい、と思う50代は多いと思います。

50代未経験でも、もちろんプログラミングなど、ITエンジニアの勉強は始められます。

けれど、それと実際にスキルが身につくのか、そして身につけたスキルをもって副業で稼げるようになるかは、全く別の問題と考えた方が良いでしょう。

副業収入を目指すのではなくて、それがITリテラシーの向上として本業の仕事のプラスになるから習得したい、もしくは純粋に自らの知的好奇心を満たすために習得したい!

そんな風にお考えのあなたならば、ITエンジニアと言う難関にチャレンジしてみる価値があるのではないでしょうか。
 

いん子

今回も記事の最後まで読んでくださってありがとうございます。
”アラフィフ副業の研究員”もりのいん子でした(^^)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる