50代初心者でも挫折しない副業向けプログラミングスクール3選

こんにちは、”アラフィフ副業の研究員”もりのいん子です(^○^)

こちらは、自らもバリバリ現役50代のいん子が五十肩に鞭打ってお届けする、50代の、50代による、50代のためのネット副業情報サイトです。

さてアラフィフの皆様、こんなお悩みはありませんか?

  • DXのご時世だし、自分もITスキルを磨いておきたい
  • 将来が不安だから副業で稼ぎたい
  • 今の仕事の将来が期待できないので、他に自分の腕で稼げるスキルを持ちたい

前回の記事では、最近は社会人の学び直しで、プログラミングを含めたWEB関連知識の習得が人気になっているという調査結果についてふれました。

このような記事もあります。

「プログラミング教育」は第一回緊急事態宣言以降にユーザー数が大きく増加し、ここ1年間では「オンライン英会話」よりもユーザー数が大きくなっています。

コロナ禍に入っておうち時間が増えたことで、新しくプログラミングを学ぼうとしている方が多いことが示唆されました。

引用元:学べるみんなのデータマーケティング・マガジン マナミナ  

アラフィフの皆様のなかには内心「自分だってできることならプログラミングスクールに入って、ITスキルを身につけたい……」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ヤマネさん

でも、プログラミングスクールって、若い人しか受け付けてないんだろ?

いん子

コロナ禍以前は、確かにそういうスクールが多かったですね。

でも今は、年齢制限を設けないプログラミングスクールも多くなってきたんですよ。

ただ問題なのはプログラミングスクールがいっぱいありすぎて、いちいち調べるのが大変なこと!

ネット広告を見ると、良さげなアピール項目がズラズラーっと並べてあるので目を奪われてしまいます。

でも、肝心の年齢制限受講できるのは20代限定とか30代までとかの)項目は、ずーっとスクロールしていった下の方に小さな文字で書いてあるだけのこともしばしば。

ヤマネさん

結局どれがいいスクールかさっぱりわからん!

そんな悩めるあなたのために、今回もいん子がガッツリ調べちゃいました!

いん子

実際にプログラミングを学んでいるいん子が、他にはない独自目線で50代にぴったりフィットするスクール選びをご提案致しますv

この記事はこんな人におすすめです。

  • 将来が不安だからプログラミングを学びたい
  • プログラミングを学びたいけれど、スクールがいっぱいあってどこがいいかわからない
  • 50代でもプログラミングスクールに入れるか不安
  • 在宅で好きな時間に働きたい
  • プログラミングスクールに入っても50代では稼げないんじゃないかと不安
  • 50代でも何かしらのITスキルを身につけたい

最後に、スクール選びに悩める同世代のあなたに向けて、とっておきの秘策を授けますので、お楽しみにv

(時間のない方はこちらから飛べます)

スポンサーリンク
目次

実感!50代初心者がプログラミングスクールの学習に挫折する理由は3つ

体力が続かない

プログラミング学習をしていると時間が無限に過ぎていってしまいます。

一つのコードで詰まって数時間経つのはざらなので、結果として睡眠時間をガリガリと削ることに。

若いうちはともかく50代だと、フルタイムで働きながら学ぶのは、それでなくともかなり体力的にキツいもの。

疲れは学習が進むとともに、どんどん蓄積していってしまいます。

いん子

いん子もプログラミングの学習中は、とにかく疲れた、眠い、が口癖でした。

気力が続かない:エラー続きで心が折れる

とかくプログラミングにエラーはつきもの。

むしろエラー続きでも、そのエラーを解決する能力を培わないと一人前にはなれないわけなのですが、そんなことを言われたって山のようなエラーを見るのはやはり嫌なもの。

いん子

エラー出て解決できず翌朝出勤、帰って解決できず出勤、を繰り返すうちに、なんだかどーでもいい気になってきちゃうんですよね。

何回もトライエラーを繰り返すうちに嫌になり、プログラミング学習自体をやめてしまう……このエラーとの戦いこそ、プログラミング学習の挫折率が90%と言われるゆえんなのだそうです。

覚えるより忘れる方が速い?

新しいことを覚えるのは素晴らしいことですよね!

でも悲しいことに、50代の私たちは学生時代とは違って詰め込める量には限度があるし、忘れるのは早い。

いん子

今回私は、自分の脳みそがトコロテンであることを新発見しましたよ。

ヤマネさん

え?トコロテンって、あの木箱を棒で押して、穴からにゅる〜んと出てくるやつ?酢醤油や黒蜜で食べる??

いん子

そう。
新しい知識をグッと押し込むと、もう片方の耳からにゅる〜んと前に習得したはずのものが出てっちゃうのよ。

ヤマネさん

……常に一定量しか入んないってわけね。
( ̄▽ ̄;)

一定量ならまだしも、下手すると詰め込むスピードより、忘れていくスピードの方が早いかもしれません。

だからこそ50代は特に、覚え込むまで徹底してコードを書き続ける反復練習が必要になってくるのです。

50代初心者が挫折しないプログラミングスクール選びのポイントとは?

50代初心者がプログラミングスクールの学習で挫折する理由は、体力気力が続かないことと、覚えるより忘れる方が早いということをお伝えしましたが、それではそんな50代初心者が挫折しないプログラミングスクール選びのポイントは、どこにあるのでしょう?

いん子

実際にプログラミングを学んだ視点から、3つのポイントをリストアップしてみました。

挫折しないプログラミングスクール選びのポイント
  1. 詰め込みすぎない期間設定
  2. 生じた疑問をすぐに何度でもチャットで聞ける環境
  3. 初めての案件獲得にフォローのあるスクールがベター

詰め込みすぎない期間設定

何よりも重要なのが、フォロー期間中に学び終えるだけの学習時間の余裕があることです。

短期間に集中して学ぶのが効果的とは言っても、若い頃と違い50代では詰め込み型学習には限界があります。

特に、他にフルタイムの仕事を持っている50代にとっては、現実に沿ったコースを選ぶことが何よりも肝心。

スクール選びの際には、実際に取れる勉強時間トータル予測から逆算して、自分の場合どれくらいの期間が必要かを確認しておくことをおすすめします。

<1週間に捻出できる勉強時間からコース期間を選定する計算式>

総勉強時間÷週に確保できる勉強時間=必要週間

どのスクールでも、履修に必要なおおよその総学習時間をのせています

たとえば、

  1. コースを習得するのに必要な総勉強時間は200時間
  2. 自分が一週間に確保できる勉強時間はトータルで14時間

とすると、

200時間➗週に確保できる勉強時間14時間=14.28(週間)

この場合だと、受講期間が15週以上のコースなら、学び終えられるという予測がたちます。

最低限自分のペースで学び続けるだけのフォロー期間があるスクールにするといいですよ。

いん子の一言
いん子

50代初心者はコスパより期間の長いものを!

プログラミングスクールでよく見られるのが、「受講期間が短いほど安く、長いほど高い」コースのお値段設定です。

受講期間が短ければ料金も安いので、ついついコスパの良い短い期間を選んでしまいがちですが、ちょっと待ってください。

期間は短くても、履修し終えるまでにかかる総勉強時間は一緒です。

あなたはその勉強時間を、今の生活から本当に捻出することができますか?

勉強の間にはもしかしたら、仕事が忙しくて残業が立て込む期間も、体調を崩して1日休んでしまう日もあるかもしれません。

多少コスパは悪くても、自分の生活にあったペースで学べる期間が長めのコースを選ぶようにしましょう。

生じた疑問をすぐに何度でもチャットで聞ける環境

勉強中は、とにかく疑問が無限に湧いて出てきます。

画像を指示通りに配置したのに表示されない、思ったような配置にならない、教材の通りにコードを書いたのに想定通りに動かない……。

エラーばかりでコードの記述は進まず、ググっても原因もわからなくて気持ちは滅入るばかりです。

そんな50代初心者を救ってくれるのは、1にも2にも「わからなかったらすぐに聞ける環境」

できるなら、生じた疑問をその都度解消できるよう、回数無制限で質問できるスクールを選びましょう。

いん子

メールで回答するスクールもありますが、チャットですぐに聞けるスクールの方がおすすめですよv

いん子の一言

チャットですぐに聞けるスクールでも、聞く内容は原則としてスクールのカリキュラムに沿った内容に限られてしまうそうです。

そうなると、スクールの教材から離れて独学している部分までは質問しづらい……。

その場合はMENTA(メンタ)やteratail(テラテイル)などのオンラインのサービスを利用するという手もありますので、お困りの際はぜひ利用してみましょう。

MENTA(メンタ)は1,000円からの月額制で「教えたい人」と「学びたい人」を結びつけるサービス。

teratail(テラテイル)はプログラミングに関する質問と回答に特化した掲示板サービスです。

初めての案件獲得にフォローのあるスクールがベター

プログラミングをひととおり覚えても、巣立ったばかりのひな鳥がすぐには飛べないのといっしょで、一人前に仕事ができるようになるわけではありません。

子供が初めて自転車に乗るとき、いきなりスィーっと二輪で走行できますか?

できませんよね?補助輪つけますよね?

ある程度のスピードで走れるようになってから補助輪外して二輪走行に移るわけで、プログラミングだってそれと一緒。

スクールの教材から離れていざ自分だけでコーディングしようとした時には、誰だって自分の実力のなさに愕然とするものです。

本当は最初に仕事として手がける案件こそが、一番に経験者の助言を必要とするのかもしれません

スクールのなかには、最初の案件獲得までを支援することを明記しているところもあります

スクールを選ぶ際には、最初の船出で伴走してくれるサービスがあるかどうか、あらかじめ必ずチェックしておきましょう。

50代初心者でも挫折しない副業向けプログラミングスクール3選

これまでは50代ならではの挫折ポイントと、挫折しないためのスクール選びのポイントを説明してきました。

では結局、50代初心者向けのプログラミングスクールとしてどこがおすすめなのでしょう?

年齢制限がないこと、副業を専門にかかげたコースがあること、学習期間が短すぎないことなどを条件に調べて、次の3スクールを選出しました。

スクロールできます
スクールコース期間必要総学習時間金額無料体験
TechAcademyはじめての副業4〜16週間200時間16週間コース
339,900
TECH CAMPプログラミング教養特になし320~460時間入学金217,800
+1月毎21,780
CodeCampデザインマスター6ヶ月200時間程度330,000

TechAcademy(テックアカデミー)

通過率10%の選考に通った一流の講師からマンツーマンで指導してもらえます。

また、わからない点があればチャットですぐに質問ができます

はじめての副業コースはその名前通り、初心者から副業としてのプログラミングを学べるコース。

大きな特徴として、受講者全員に対し、はじめての仕事の受注を保証する点が挙げられます。

(※実力判定テストに合格した人に、合格から1ヶ月以内の案件獲得を保証)

学習期間によって料金は異なりますので、自分の学習ペースにあった期間を選ぶといいでしょう。

テックアカデミーのサイトを見てみる>> はじめての副業コース

TECH CAMP(テックキャンプ)

料金は月額制で学び放題のスクールとなっています。

TECH CAMPプログラミング教養コースはWebサービスの開発、人工知能AI、Webデザインのスキルなどを学習する、プログラミングの基礎を学びたい初心者向けのコース。

メンターと呼ばれる学習サポーターのもとで学習します。

テックキャンプのサイトはこちらから>> テックキャンプ

CodeCamp(コードキャンプ)

講師は厳選されたプロ中のプロで、自分が気に入った講師を選んで教えてもらうことができます。

このスクールの教材は品質が高く、300社を超える多くのIT企業で研修に導入されているほどです。

副業を目指す人におすすめなのが、デザインマスターコース

未経験の状態からHTML、CSSやPhotoshopなどの使い方を学習できるコースです。

コードキャンプのサイトを見てみる>> 現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

まとめ

今回は「50代初心者でも挫折しない副業向けプログラミングスクール3選」と題して、50代初心者がプログラミングを学ぶ際の挫折ポイントと、それをふまえてのスクール選びについてレポしてみましたが、いかがでしたか?

こんなツイートも見つけました。

50代でも頑張ってプログラミングを学んでいる人がいるんですね!(^○^)

ヤマネさん

なんかいん子と同じところでつまずいてね?

いん子

中高年がつまずくところは皆一緒なんでしょうか??……でもjQueryの課題に合格したってツイートしてるから、私よか理解が進んでいるような気がします。

私もガンバらねば!!

プログラミングスクールのなかには、学んだあとにプログラマーとしての転職を保証するコースもあります。

けれどもこういうコースには大抵30歳までの年齢制限があって、50代は対象外……。

国の助成金制度が使えるコースでも45歳以上は支給対象外だったり、「サービスに満足できなかったら全額返金保証」とうたっていても大抵のスクールで返金保証の対象に年齢制限があるなど、50代ってほんとに不遇なんですよね……負けないけど!

転職が難しいぶん、アラフィフの私たちは本業で収入を維持しつつ、自分の社会経験を生かして副業で稼ぐ道を目指していきましょうv

いんこの秘策

もしあなたがプログラミングを学ぼうかどうしようか悩んでいるのなら、実はいんこがイチオシにおすすめするのは、テックアカデミーの無料体験です!

期間はなんと7日間!

無料というのが申し訳ないくらいに7日間みっちりプログラミングを学べますので、自分とプログラミング学習との相性を確認することができます。

プログラミング独学サイトのなかには、この無料体験「だけ」でも受けることをすすめるところもあるくらい。

いんこも申し込みしましたが、時間が合わなくて実際に受講できなかったのが心残りです。

でも、申し込みした人にはもれなく役立つメルマガも配信してくれますし、とにかく0円!受けておいて損はありませんよv

(ちなみに、無料体験から入ると、有料コースが社会人なら1万円割引になります)

無料体験はこちらから↓↓

TechAcademy [テックアカデミー]

それではここまで読んでくださいまして、ありがとうございます!

“アラフィフ副業の研究員”もりのいん子でした(^^)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる